Forex Standard Club紹介ブログ

FSCで解説している手法についてご紹介しています。

オシレーターを駆使してトレンドフォローするスキャル手法

灰色をベースとしたテンプレートの手法です。 メインチャート上に表示されるドットでトレンド方向を決めて、オシレーターを駆使してエントリーするトレンドフォロー手法です。

月曜日と火曜日のレンジからブレイクを仕掛ける手法

月曜日と火曜日のレンジブレイクを狙う手法です。 1週間に1回のエントリーのスイングスタイルですが、優位性はあります。 EA化した結果は以下の通りです。

包み足とボリバンの組み合わせ「OutsidebarsBB」

包み足とボリンジャーバンドを組み合わせたインジです。 ボリバンからの反転を狙う際にかなり有効なシグナルとなります。 technical-indicators.com

包み足とグランビルを組み合わせた「Outsidebars_MA」

目立って大きな包み足とグランビルの法則が組み合わさった時にサインの出るインジです。 トレンドフォローにかなり使えます。 technical-indicators.com

包み足を厳選する「Outsidebars」

ローソク足のプライスアクションの一つである「包み足」の中でも特に目立つものを認識してサインで知らせてくれるインジです。 包み足は元々有効ですが、このインジではその中でも特に有効なものを厳選してくれます。 technical-indicators.com

完全に客観的なダウ理論とシグナルを組み合わせた手法

ダウ理論とシグナルを組み合わせた手法です。 客観的なダウ理論の下で、トレンドが発生している時にトレンド方向のシグナルが出た時に仕掛けます。 どの時間足でも有効に使える手法です。

エントリー時に利食い・損切りがわかるシグナルツール

エントリー時に利食いと損切りポイントがわかるツールです。 トレンド方向をフィルタリングしてやることで高勝率・高リスクリワードレシオのトレードが可能になります。

フィボナッチを使ったトレンドフォローシステム

フィボナッチをベースとしてトレンド方向を決めて、その方向にサインが出たところでエントリーします。 ポジション保有期間は長いですが、トレンドが伸びるときは面白いくらいに取れます。

逆張りロジックを搭載したシグナルインジ

ローソク足のプライスアクションを利用した逆張り型のインジです。 押し目買いや戻り売り・トレンドの行きすぎた相場で出現すると信頼性の高いシグナルとなります。

通貨ペアごとに売り買いが一目で分かり、サインも出るツール

通貨ペアの一覧が表示されるダッシュボード型のインジです。 通貨ペアの色が青色なら買い目線、赤なら売り目線、灰色ならノートレードを意味しています。 通貨ペア名をクリックするとその通貨ペアのチャートが表示され、適切なタイミングでサインが出現しま…

エントリー方向に進む可能性が表示されるバイナリー手法

バイナリー手法のご紹介です。 サインが出現し、条件を満たしたらエントリーします。 5分取引専用ですが、他の時間足でも利用できます。 また、上位足に表示させて、次の足が陽線になりやすい確率が高まっているときに下位足でピンポイントでエントリーする…

トレンドの転換点を見極めるテクニック

ローソク足の反転プライスアクションとちょっと変わったラインを引くテクニックを利用して相場の転換を見極めるテクニックです。 プライスアクションは目視でも確認可能ですが、私がプライスアクションを認識するインジを作成して、視覚的に分かりやすくして…

利食いと損切りが分かりやすいトレンドフォロー手法

トレンドフォロー型の手法です。 エントリー時に利食い・損切りポイントが分かります。 大きなトレンド方向を把握した上で使用すると効果的です。

シグナルの状況が一覧で表示され、簡単にチャートが確認出来るインジ

チャート上にダッシュボードが表示され、各通貨ペアにおいてサインが出ているかが一目で分かります。 更に、通貨ペア名をクリックする事で、その通貨ペアのチャートが横に出現し、エントリーライン等を表示してくれます。

ちょっとした反発を狙う逆張り型のスイング用シグナルインジ

ちょっとした逆張りを狙うためのインジです。 日足用ですが、4時間足でも使えますし、上位足を確認しながらであれば更に小さな時間足でも使えます。

一目均衡表をベースとして押し目や戻りを狙うシグナルインジ

一目均衡表を利用した押し目買い・戻り売り専用インジです。 比較的大きな時間足のチャートで効果的に機能します。

トレンド方向をフィルタリングして仕掛けるシグナル手法

トレンド方向をフィルタリングして仕掛けるシグナル手法です。 シグナルインジと相性の良いフィルターを利用するため、高勝率が期待できます。

ローソク足のパターン「ポップガン」を認識するインジケーター

「川」の字のようなダブルインサイドバーを認識するインジです。

ローソク足のパターン「アロー」を認識するインジケーター

ローソク足のパターンの一つである「アロー」を認識します。 レンジからのブレイクを仕掛ける際に役立ちます。

ローソク足のパターン「ダブルインサイドバー」を認識するインジケーター

インサイドバーが2本連続した際にサインが出るインジです。

超損小利大のシグナルの出る手法

超損小利大のシグナルの出る手法です。 大きな流れが揃った時に仕掛けるフィルターが付いていますので無裁量で大きな流れに乗ることができます。

グランビルの3番でサインが出てフィルタリングもできるインジ

FSC XM版専用のインジです。 グランビルの3番でサインが出るインジです。 更に移動平均線を追加して、大きなトレンド方向のみにサインが出せるようになっています。

グランビルの2番でサインが出てフィルタリングもできるインジ

FSC XM版専用のインジです。 グランビルの2番でサインが出るインジです。 更に移動平均線を追加して、大きなトレンド方向のみにサインが出せるようになっています。

Williams%Rを使ったトレード手法

FSC XM版専用の手法です。 サイン型のインジをWilliams%Rで取捨選択してエントリーしていきます。 対象はゴールド/ドルとユーロドル。 特にゴールド/ドルで優位性を発揮します。

トレンド発生中に包み足が出たらサインの出るトレンドフォロー型インジ

FSCXM版用のインジです。 相場にトレンドが発生している時に包み足が出現したらサインの出るインジです。 レンジ相場ではサインが出ないようになっていますので、トレンドの押し目やトレンドが加速している時にエントリーができるようになります。

ボリバンとRSIとピンバーでサインの出るインジ

FSC XM版用のインジです。 ボリバンとRSIの条件が揃った条件の中で、ピンバーが出現するとサインがでます。 基本的にはレンジ相場に特化したシグナルインジになります。

エントリーやエグジットポイントだけではなく、獲得pipsまで表示されるインジケーター

今回はツールの解説です。 エントリー&エグジットサインだけでなく、トータルもしくは各のトレード結果が表示されるインジです。

平均足スムーズドを利用した究極のトレンドフォロー

平均足スムーズドを上手にフィルタリングしてトレンドに乗る手法です。 損小利大型でトレンドが続けば続くほど利益が伸びます。 シンプルで裁量不要ですが、優秀な手法です。

FMCBRを使ったトレード手法

FMCBRというインジケーターを利用するトレード手法です。 トレンドからの反転を狙う逆張り手法で、精度は結構高いです。

トレンド方向に仕掛けるシステム

サイン型のシステムです。 トレンド方向に出現したシグナルを選別してエントリーします。 Pivotを利用することでリスクリワードレシオを高めることも可能です。