Forex Standard Club紹介ブログ

FSCで解説している手法についてご紹介しています。

超損小利大のシグナルの出る手法

超損小利大のシグナルの出る手法です。 大きな流れが揃った時に仕掛けるフィルターが付いていますので無裁量で大きな流れに乗ることができます。

グランビルの3番でサインが出てフィルタリングもできるインジ

FSC XM版専用のインジです。 グランビルの3番でサインが出るインジです。 更に移動平均線を追加して、大きなトレンド方向のみにサインが出せるようになっています。

グランビルの2番でサインが出てフィルタリングもできるインジ

FSC XM版専用のインジです。 グランビルの2番でサインが出るインジです。 更に移動平均線を追加して、大きなトレンド方向のみにサインが出せるようになっています。

Williams%Rを使ったトレード手法

FSC XM版専用の手法です。 サイン型のインジをWilliams%Rで取捨選択してエントリーしていきます。 対象はゴールド/ドルとユーロドル。 特にゴールド/ドルで優位性を発揮します。

トレンド発生中に包み足が出たらサインの出るトレンドフォロー型インジ

FSCXM版用のインジです。 相場にトレンドが発生している時に包み足が出現したらサインの出るインジです。 レンジ相場ではサインが出ないようになっていますので、トレンドの押し目やトレンドが加速している時にエントリーができるようになります。

ボリバンとRSIとピンバーでサインの出るインジ

FSC XM版用のインジです。 ボリバンとRSIの条件が揃った条件の中で、ピンバーが出現するとサインがでます。 基本的にはレンジ相場に特化したシグナルインジになります。

エントリーやエグジットポイントだけではなく、獲得pipsまで表示されるインジケーター

今回はツールの解説です。 エントリー&エグジットサインだけでなく、トータルもしくは各のトレード結果が表示されるインジです。

平均足スムーズドを利用した究極のトレンドフォロー

平均足スムーズドを上手にフィルタリングしてトレンドに乗る手法です。 損小利大型でトレンドが続けば続くほど利益が伸びます。 シンプルで裁量不要ですが、優秀な手法です。

FMCBRを使ったトレード手法

FMCBRというインジケーターを利用するトレード手法です。 トレンドからの反転を狙う逆張り手法で、精度は結構高いです。

トレンド方向に仕掛けるシステム

サイン型のシステムです。 トレンド方向に出現したシグナルを選別してエントリーします。 Pivotを利用することでリスクリワードレシオを高めることも可能です。

練行足を利用したトレード手法

練行足を利用するトレード手法です。 エントリー方向からエントリーポイント、利食い、決済値まで明解です。 パラメーターの設定でスキャルからデイトレまで対応しています。

大きな動きの後のレンジから更にブレイクを狙う手法

ローソク足のプライスアクションと移動平均線を組み合わせたシンプルな手法です。 エントリー方向も事前に分かり、セットアップも明快なので誰でも利用できる「使える」手法です。

月に1回だけのチャンス!雇用統計後の動きを狙う手法

雇用統計後に条件を満たした時にエントリーする手法です。 この手法は発表の瞬間にトレードする「指標トレード」ではなく、指標発表後しばらくして相場が落ち着いたときに仕掛けます。 月に1回しかトレードチャンスはありませんが、無裁量で勝率高めです。 …

ゴリラメソッド

Forex Factory内で公開されている手法です。 11月に考案者が公開したところ、瞬く間に多くのレスが付いた、シンプルながらもエッジのあるトレンドフォロー手法です。

サポレジゾーンからのダブルトップ・ダブルボトムを狙う手法

ツールを利用してサポレジゾーンからのダブルトップやダブルボトムを狙う手法です。 大きなトレンドが発生しているときにはエントリーせずに、明確なサポレジが近くにある時にだけ狙っていきます。

上位時間足の押し目や戻りを狙っていく手法

上位時間足のトレンド方向を見て、その方向の押し目や戻りを狙う手法です。 無裁量のトレンドフォローではありますが、少し損切り幅が広い分、勝率が高めです。 そのため初心者の方からご利用頂ける手法になっています。

200EMAを利用したブレイクアウト手法

200EMAからの反発を狙っていくシンプルな手法です。 シンプルではありますが、その分だけ汎用性が高く、上手に使いこなせばこの手法1本だけでも十分に利益を出し続けられる手法です。 また、MT4に依存せず、どのチャートソフトでも実践できるのも一つの特徴…

ボリバンとシグナルを利用した逆張り手法

ボリンジャーバンドやストキャスティクスを利用した逆張りシステムです。 シグナルを上手に選別して逆張りしていく手法になっています。

3本RCIをベースとしたシグナルインジ

3本RCIをベースとした自作のシグナルインジを配布しています。 インジケーターの詳細については、以下の記事をご覧ください。 fx-winwin.com

インジケーターを使ったライントレード

自動でサポレジラインとトレンドラインを引いてくれるインジ等を利用して、ラインブレイクや押し目買い・戻り売りをしていく手法です。 手法としては基本的なものになりますが、インジケーターが自動でラインを引いてくれますので、初心者でも再現性の高いト…

1日1回だけボックスレンジからのブレイクを狙う手法

1日に1回、ある時間帯のレートをブレイクしてきたところでエントリーする手法です。 エントリー方向は事前に決まっているので、イフダンOCO注文を入れることも可能です。

トレンドフォロー型シグナル「Rubicon」を利用したトレード手法

Rubiconと呼ばれるシグナルインジを利用したトレード手法です。 Rubiconはトレンド方向にのみシグナルの出る優秀なインジで、エントリーと同時に利食いと損切りのレートも表示されます。 そのため、エントリーしたらOCO注文を入れてあとは放置も可能です。

エントリーだけでなくエグジットポイントも一緒に表示されるシグナルインジを利用したトレード手法

エントリーポイントと一緒に利食い・損切りポイントも表示されるインジを利用した手法です。 トレンドの押し目や戻りを効率よく取っていきます。

様々な条件でトレンドを判断して仕掛ける手法

ザ・トレンドフォローのシステムです。 様々なインジでトレンド方向を割り出し、全ての条件が揃ったときにシグナルが出たらエントリーする手法です。 エントリーチャンスは比較的多く、利食いも早めなのでデイトレに丁度良いと思います。

2つのRSIを使ったトレード手法

2本のRSIを使ってエントリー&エグジットする手法です。 タイプ的には押し目買いや戻り売りの手法になり、タイトなストップを入れながら利大を目指していきます。

QQEでフィルタリングするトレンドフォロー

シグナルでエントリーする手法ですが、チャート下に表示してあるQQEでフィルタリングします。 このフィルタリングのおかげでダマシシグナルを無視し、効率よく勝てるポイントのみでエントリーすることが可能になります。

マルチタイムでフィボナッチリトレースメントで狙う手法

手法と言うよりはツールのご紹介です。 上の画像にあるように、自動で高値安値を検出してフィボナッチリトレースメントを表示してくれるインジです。 さらに下のサブチャートでは複数の時間軸のフィボナッチリトレースメントの状況を知らせてくれる上に、ア…

ダウ理論とタートルブレイクを組み合わせた手法

無料のインジを組み合わせた私のオリジナル手法です。 4時間足推奨のスイングですが、なかなか良い手法に仕上がったと思っています。 詳しくは以下をご覧ください。 fx-winwin.com

Forex Standard ClubとXM版の違いについて

当ブログではForex Standard Club及びForex Standard Club XM版でご紹介している手法の概要についてまとめています。 Forex Standard Clubについて Forex Standard Club(以下FSC)とは、海外サイトで紹介されている優れた手法を、管理人である正太郎が翻訳…

トレンド方向に出たシグナルで仕掛けていく無裁量手法

トレンドによってチャートの背景が変わり、その方向にシグナルが出たらエントリーする無裁量手法です。 シグナルの出方が違うテンプレートが3種類あり、トレーダーの技量やその時の相場によってテンプレートを変えることで効率よくトレードすることができま…