Forex Standard Club紹介ブログ

FSCで解説している手法についてご紹介しています。

スイング手法

ローソク足パターンを使った逆張り手法

とあるローソク足のパターンを利用してトレンド逆張りを仕掛ける手法です。 日足や4時間足を使用するスイングトレードになります。 パターントレードはどうしても再現性の低さがデメリットとなりますが、本手法では、「トレンド」や「ローソク足のパターン」…

シグナルを利用してボリバンの逆張りをする手法

ボリバンの±2σから反発を狙う手法です。 通常はバンドブレイクに合って損切りに合ったりすることも多いのですが、とあるシグナルインジと組み合わせる事で、高勝率のトレードが可能となります。

シグナルを使って、上手にトレンドに乗っていく手法

トレンド方向にシグナルが出た時にエントリーする手法です。 この手の手法はレンジ相場が苦手だったりするのですが、本手法ではレンジを感知するインディケーターが付いているため、相場に動きがあるときのみ仕掛けることが可能です。

125本の移動平均線を使う手法

125本の移動平均線を使う圧巻の手法です。 移動平均線の他にもシグナルインジとエントリーフィルターを利用して、相場に勢いがあるときに仕掛けていきます。

複数のインジを重ね合わせてタイミングを図る手法

ぱっと見ではわかりにくいですが、かなり多くのインジを利用した手法です。 多くのインジを利用するとゴチャゴチャすることが多いのですが、本手法では、複数のインジを重ね合わせて表示することで見やすいです。 エントリーはシグナルの従うので簡単ですが…

とあるチャートパターンでエントリーする手法

下げ相場の後によく見られるチャートパターンを利用してロングする手法です。 このパターンが発生したときは、高確率でショートカバーが入るため、大きな利益を期待することが可能です。

有用なシグナルインジをフィルタリングして更に精度を上げる手法

元々有用なシグナルインジにフィルターをつけて更に精度を上げた手法です。 相場のトレンドや勢いがインジケーターに反映されるので、それを見ながらトレード出来るので確度の高いエントリーが可能となります。

相場の天と底を狙うシステム

とあるインジを利用して相場の天と底を当てる手法です。 ・・・とは言っても、確実に当てるのは無理ですが、とあるインジを組み合わせてできる限りダマシを減らしてトレードしていく手法を解説しています。

ジグザグやドンチャンブレイクアウトシステムのロジックが入ったシグナルインジでトレードする手法

非常に有効性の高いシグナルインジを使う手法です。 このシグナルは複雑な計算がされており、相場のトレンドを最初から捉えることが可能です。 FSCでは、更にこのインジを上手に使う方法を解説しています。

平均足とシグナルインジを組み合わせた逆張り手法

トレンドは永遠に続くものではなく、必ず終わりが来ます。 本手法では平均足とシグナルインジを組み合わせて効率よく逆張りを仕掛けていきます。 エントリー頻度は少ないですが、大きな利益も期待できる手法です。

カラカサとトンカチで押し目や戻りを狙う手法

4時間足専用のシステムです。 トレンド発生時に特徴のあるカラカサやトンカチが出現したときに仕掛けます。 スイング手法ということもあって無裁量ながらも勝率が安定しており、バックテストでもフォワードでもしっかりとした結果を出しています。

再現性の高いハーモニックパターンを用いた手法

MT4用のインジを利用して、ハーモニックパターンでトレードする手法です。 通常ハーモニックパターンは判別が難しいのですが、専用のインジを使うことで自動的にパターンを選別し、そのパターンに沿ったエントリーが可能になります。 ガートレー222など5種類…

「はらみ足」「つつみ足」を利用したトレード手法

チャート上に良く出現する「はらみ足」や「包み足」の特長を活かしてトレードを仕掛ける手法です。 どの時間軸でも通用する普遍的なトレード手法で、時には大きなブレイクを取っていくことも可能です。

多くのインジを利用してピンポイントで狙う手法

複数のインジを表示させてフィルタリングし、できる限りダマシの可能性が低い時を見計らってピンポイントで仕掛けていく手法です。 エントリーポイントは明快で、裁量が入らないのが特徴です。

とあるチャートパターンから逆張りを仕掛ける手法

とあるチャートパターンを形成したときに積極的に逆張りを仕掛けていく手法です。 これまで無意味に逆張りを仕掛けていた人も、この手法を知ればどこで逆張りを入れていけばいいのかがよく分かるでしょう。

相場の波を取ることが出来る手法

トレンドフォロー型で、相場の大きな波もとることが可能な手法です。 基本ルールだけでも優位性の高いのですが、これにとあるサイン型インジを加えることで更に期待値を高めることが可能になります。

ちょっと変わったインジでトレードする手法

ボリバンと少し似ていますが、それよりも細いバンドを利用したトレード手法です。 これがなかなか優秀なインジで、上手に使うことでかなり高勝率のトレードを可能にしてくれます。

トレンドを上手にとらえられるトレンドフォロー手法

トレンドを示す指標を複数利用して、仕掛ける手法です。 ロンドン・ニューヨーク時間向きで、スキャルピングからデイトレまで幅広く対応しています。

1-2-3のパターンでブレイクを狙う手法

とあるパターンでエントリーする手法です。 パターン認識は苦手、と思う方もいるかも知れませんが、チャートパターンを認識してくれるインジを利用しますので、再現性の高いトレードが可能です。

GMMAのようなインジでトレンドフォローする手法

トレンドが変わると色の変わる移動平均線のようなインジを利用して、効率よくブレイクアウトや押し目・戻りを取っていく手法です。 複数のエントリーフィルターがあるのでトレード回数も抑えられる上に、リスクリワードの高いトレードが可能になります。

分かりやすいビジュアルでトレンドの押し戻りを狙う手法

トレンド方向を見極めて、押しや戻りを積極的に狙っていく手法です。 リスクリワードは主に1:1ですが、その分だけ勝率は高めとなっています。

各種インジが揃ったら入る手法

複数のインジを利用して、条件が揃ったらエントリーする手法です。 狙う方向としてはトレンドフォローで、損小利大型のトレードとなります。 複数の指標でフィルタリングするため精度が高く、トレンドが出た時に一気に取れるのが特徴です。

バンドブレイクを積極的に狙う手法

オシレーターを利用して、積極的にバンドブレイクを狙う手法です。 これが結構精度が高くて、トレンドの勢いが強いときにパパッと入ってすぐに逃げるようなトレードが可能となります。

チャネルラインを利用して複数のロジックで仕掛ける手法

複数のロジックを内包する手法です。 自動で描画されるチャネルラインとシグナルを利用して、的確なポイントでエントリーしていきます。 エントリーポイントは全部で4種類あり、トレンドの反転から小幅な動きまでをくまなく取っていくことが可能となります。

自動で描画されるラインを利用してトレードする手法

自動でラインが描画されるインジを利用する手法です。 このインジは、自動でサポレジラインが引かれ、さらには過去にどれだけそのラインに足が触れたかどうかまでを示してくれます。 複数引かれるラインの中でも、最も信頼性の高いラインを選んで反発を狙い…

シグナルとフィルターだけでの無裁量手法

チャート下のインジでトレンド方向を示し、その方向にシグナルが出たらエントリーするだけのお手軽手法です。 ですが、馬鹿に出来ないのがその精度。 良いポイントで損小利大のシグナルが出るので、無裁量ながらも勝ててしまう手法です。

通貨ペアの強弱を見て無裁量でトレードする手法

複数の通貨ペアの強弱を見ながら、手法に最も適した通貨ペアでトレードしていく手法です。 ルールとしては、条件が揃ったときにサインが出たらエントリーとなります。 基本的には無裁量ですので、裁量が苦手な方におすすめです。