Forex Standard Club紹介ブログ

FSCで解説している手法についてご紹介しています。

スキャルピング手法

シグナルを利用してボリバンの逆張りをする手法

ボリバンの±2σから反発を狙う手法です。 通常はバンドブレイクに合って損切りに合ったりすることも多いのですが、とあるシグナルインジと組み合わせる事で、高勝率のトレードが可能となります。

シグナルを使って、上手にトレンドに乗っていく手法

トレンド方向にシグナルが出た時にエントリーする手法です。 この手の手法はレンジ相場が苦手だったりするのですが、本手法ではレンジを感知するインディケーターが付いているため、相場に動きがあるときのみ仕掛けることが可能です。

125本の移動平均線を使う手法

125本の移動平均線を使う圧巻の手法です。 移動平均線の他にもシグナルインジとエントリーフィルターを利用して、相場に勢いがあるときに仕掛けていきます。

多くのインジを利用してピンポイントで狙う手法

複数のインジを表示させてフィルタリングし、できる限りダマシの可能性が低い時を見計らってピンポイントで仕掛けていく手法です。 エントリーポイントは明快で、裁量が入らないのが特徴です。

スムーズド練行足で相場の動きを的確に捉える手法

平滑化した練行足を利用して、相場に動きが出ている「その時」を狙っていく手法です。 エントリーは明快で応用の幅も広く、優位性も高いのがウリです。

練行足を利用したスキャルピングシステム

練行足を利用したスキャルピングシステムです。 練行足は非時系列のチャート表記方法で、レンジ相場に強いため、海外でも人気が高いです。 本手法では、上手にフィルタリングをしながらピンポイントで取っていくやり方を解説しています。

トレンドラインを利用したスキャルピングシステム

インジケーターにより自動で描画されるトレンドラインを利用して仕掛けていくスキャルピングシステムです。 信頼のできるラインからの反発を見てエントリーします。

GMMAのようなインジでトレンドフォローする手法

トレンドが変わると色の変わる移動平均線のようなインジを利用して、効率よくブレイクアウトや押し目・戻りを取っていく手法です。 複数のエントリーフィルターがあるのでトレード回数も抑えられる上に、リスクリワードの高いトレードが可能になります。

メジャーな指標を使って効率的に稼ぐスキャルピング手法

移動平均線、ボリバン、MACD、RSIを上手に使ってトレードするスキャルピング手法です。 どのチャートソフトでも搭載されているインジですので、スマホを使っても取引可能となるでしょう。

ティックの動きを見ながら仕掛けるスーパースキャル手法

ティックチャートと、ティックの更新頻度を見ながら、動きに勢いが出てきたときにパッと入って、パッと逃げる手法です。 正にスキャルピングなので万人向けではありませんが、こういった手法を欲している人は少なからずいるはずです。

コツコツ狙う1分足スキャル

シンプルなインジを利用してコツコツ狙うスキャルピング手法です。 エントリーポイントは明快ですが、勝率を上げるためには裁量が必要かと思います。 しかし、比較的短期間で決着がつくので、ポジションを長く持つのが苦手な方にはおすすめです。

シグナルとフィルターだけでの無裁量手法

チャート下のインジでトレンド方向を示し、その方向にシグナルが出たらエントリーするだけのお手軽手法です。 ですが、馬鹿に出来ないのがその精度。 良いポイントで損小利大のシグナルが出るので、無裁量ながらも勝ててしまう手法です。